不眠症の原因

不眠症の原因として挙げられる生活習慣や食生活

不眠症の原因によく挙げられるのが、生活習慣や食生活です。不規則な生活習慣をしていると不眠症の原因になってしまいます。現代人は多忙で、夜遅くまで起きている生活が普通になりつつあります。そうした生活を続けると体のリズムが崩れ、体内時計が狂ってしまいます。そうなると必然的に体は不調を訴え、不眠症になってしまうのです。不眠症は、食生活にも大きく関係しています。実は、食べ物で不眠症が改善することができます。トリプトファンとグリシンという成分が多く含まれている食べ物を積極的に摂ると、スムーズに眠りに入ることができます。トリプトファンには、睡眠に必要なセロトニンという脳内物質の分泌を増やす働きがあり、グリシンには、睡眠の質を高める働きがあるのです。牛肉、豚肉、鶏肉、スジコ、マグロ、カツオ、チーズ、ゴマ、ナッツ類、大豆などに、トリフトファンが多く含まれています。そして、エビやカニなどの甲殻類、牛肉、豚肉、鶏肉などにグリシンが多く含まれています。こうした食材は、手軽に調達できる食べ物なので、不眠症の人は、日々の食事に取り入れると、不眠症の改善に繋がります。これらの食材を意識的に摂るようにすると、次第に、布団に入ってから眠りにつくまでの時間が早くなります。

 

不眠の悩み

関節とは、その文字のとおり、骨と骨の間の節の事であり、その関節を関節軟骨という軟骨で覆われています。関節痛の症状として代表的なのが、この関節軟骨がすり減ったり、炎症を起こしたりして、痛みや腫れが生じるというものです。関節軟骨に必要な栄養素としては、TVなどでも良く言われている、グルコサミン、コンドロイチン、たんぱく質、オメガ3脂肪酸などがあります。これらの栄養素をサプリメントなどで身体に取り入れる事も一つの方法ですが、身近な食べ物からも摂取する事が可能です。グルコサミンは年齢と共に減少していく成分で、ウナギ、やまいも、オクラなどから摂取出来ます。コンドロイチンは関節軟骨の1/3にもあたる重要な栄養素で、ウナギ、鶏の皮、なめこ、オクラ、などに含まれます。たんぱく質は体をつくるのに欠かせない栄養素で、肉、魚、豆類、乳製品など様々な食品から摂取する事が可能です。オメガ3脂肪酸は、ウナギ、サンマ、イワシ、マグロなどに含まれ、関節痛の痛みに効果があるとされています。上記を良く見ると、ウナギは上記全ての栄養素を含む事になりますので、関節痛の痛みには大変良い食材と言えるでしょう。また、関節痛は冷えとも密接な関係があるので、身体を温める食品としては、生姜、唐辛子なども食生活に取り入れる事もお勧めします。

 

疲れを癒す方法

続きを読む≫ 2016/01/21 14:05:21

生理痛は全ての女性が悩まされていると言って良い現象ですが、最近はその生理痛に効果のあるサプリメントも発売されるようになってきています。このようなサプリメントはどのようなポイントに注目して選ぶのが良いのでしょうか。生理時には女性ホルモンのバランスが乱れることにより、身体に大きな負担がかかって、身体の弱い部分に症状が出るため、それが生理痛になるとも言われています。このような女性ホルモンのバランスの乱れを改善するためのサプリメントが生理痛改善に効果があるようです。ホルモンバランスを変えるようなサプリメントは不安、という人の場合には、身体の内部から温める効果の持つ成分の含まれているサプリメントも良いようです。生理痛時に身体を温めることで、交感神経と副交感神経のバランスが整って痛みが減る人が多いと言われているためです。また、生理は出血を伴うため、その分体内の鉄分が流出することで貧血になったり痛みがでたりする人もいるため、このような人の場合には鉄分のサプリメントを選んで、不足している鉄分を補うのが大事のようです。

 

毎月の生理痛を軽減する方法

続きを読む≫ 2016/01/21 14:04:21